暇人の感想日記

映画、アニメ、本などの感想をつらつらと書くブログです。更新は不定期です。

アニメ映画

煉獄さんが見せた人間讃歌と、受け継がれる意志【劇場版 鬼滅の刃 無限列車編】感想

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">87点 " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">はじめに " data-en-clipboard="true"> 昨年放送されたTVアニメの効果により、現在、空前の大ブーム…

見事な完結篇にして、優しいおとぎ話【劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン】感想

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">92点 " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true"> 2018年の1月から3月にかけて放送され、昨年の9月には外伝も公…

アニメーション制作と、人生への讃歌【劇場版 SHIROBAKO】感想

94点 2014年の10月から2015年の3月まで放送されたTVアニメ、「SHIROBAKO」。P.A.WORKSの「働く女の子シリーズ」の第2弾であり、商業的にも内容的にも大成功を収めた作品。私もTVアニメは放送当時見ていて、素晴らしい作品だと思っていましたの…

「好奇心」VS「好奇心」【劇場版「メイドインアビス」 深き魂の黎明】感想

87点 WEBコミックガンマで不定期連載中の漫画「メイドインアビス」を原作とする劇場アニメーション作品。2017年にTVアニメが放送され、本作はその直接的な続篇です。私はTVアニメは視聴していまして、そのクオリティの高さとあまりに陰惨な展開に驚愕…

想ってくれる人がいれば、「幸せ」は傍にある【幸福路のチー】感想

93点 台湾発の長編アニメーション映画。公開前から各方面で話題沸騰の作品でしたので、興味はありました。しかし、上映館と時間の折り合いがつかず、結局公開年の2019年のうちに鑑賞することはできませんでした。年が明け、ようやく観られるようになっ…

シンジが見つけた、他者への希望【新世紀エヴァンゲリオン劇場版 AIR/まごころを、君に】感想

95点 2020年6月。『Q』から実に8年、『序』から数えると実に13年の歳月を経て、遂に『エヴァンゲリヲン新劇場版』が完結する・・・はずでした。皆さんご存知の通り、新型コロナウイルスの影響で公開が延期され、再び我々エヴァファンはエヴァへ飢…

社会を破壊し、もう一度建て直せ【AKIRA(IMAX版)】感想

95点 1988年に公開され、全世界に多大な影響を与えた大友克洋監督作品。どのくらいワールドワイドな作品なのかといえば、ハリウッドでの映画化企画が未だに動いては消えを繰り返し、また、「ジャパニメーション」の代名詞的な作品であり、単行本「死ぬ…

サンタクロース伝説の見事な換骨奪胎【クロース】感想

80点 2019年のアニー賞を総なめにし、アカデミー賞にもノミネートされたNetflix作品。昨年は実写では『アイリッシュマン』や『マリッジ・ストーリー』が製作、公開されて非常に高い評価を獲得し、いよいよNetflixの存在感が大きくなってきたことを感じ…

見事な着地【ヒックとドラゴン 聖地への冒険】感想

87点 2010年に1作目、2014年に2作目が公開され、そのどちらもが高い評価とエンタメ性を持っていた『ヒックとドラゴン』シリーズ。本作はその3作目にして完結篇となります。日本では残念ながら知名度が高くない作品なのですが、映画ファン、アニ…

「大人」になってしまった全ての元「井の中の蛙」へ【空の青さを知る人よ】感想

86点 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」『心が叫びたがっているんだ』を生み出した、長井龍雪×岡田磨里×田中将賀のチーム「超平和バスターズ」最新作。制作はA-1picturesの子会社のClover Works。私は『あの花』はリアルタイムで視聴していま…

モンキー・パンチ先生の悲願が達成されただけでも価値がある【ルパン三世 THE FIRST】感想

47点 今年の4月に逝去された、モンキー・パンチ先生原作による説明不要の国民的アニメ「ルパン三世」。本作は『ルパン三世』単独作としては1996年の『DEAD OR ALIVE』以来、実に23年振りとなる劇場版作品です。本作のトピックについてはそれだけで…

超絶アクションシーンの連続。中国アニメもここまで来た!【羅小黒戦記】感想

96点 中国産アクションアニメ。MTJJ木頭先生が原作で、同時に本作の監督も務めています。公開してしばらくは私は存在すら知らず、初めて知ったのは例によって名アニメーター、井上俊之さんの絶賛ツイートでした。そこから高評価の声が続々と聞こえてきてが…

心からワクワクできる、傑作冒険活劇【ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん】感想 

95点 存在を知ったのは、アフター6ジャンクションのコーナーにて。名アニメーターである井上俊之さんが本作を絶賛していたので興味が湧き、9月の末に頭が痛いのと疲労がたまっている体を押して恵比寿まで鑑賞してきました。 結果、鑑賞して本当に良かっ…

日本アニメの進化形はここにある?【HELLO WORLD】感想

87点 東宝が制作した、オリジナル・アニメーション。監督は「ソード・アート・オンライン」シリーズの伊藤智彦。脚本は小説家の野崎まど。制作はあの傑作『楽園追放』を生み出したグラフィニカ。私は「S.A.O」にはそこまでハマらなかったですし、野崎まど…

人と人を繋ぐ物語【ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 永遠と自動手記人形】感想

87点 2018年に放送され、(京アニ制作の中でも)驚異的な映像クオリティを見せつけた「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の劇場版作品。私はTVアニメは楽しく見ていたので、その劇場版作品ということならば例え外伝だろうと鑑賞するしかないというこ…

今年最高のおバカ映画、爆誕!!【映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説】感想

80点 暁なつめ先生原作による、「小説家になろう」発のライトノベル、「この素晴らしい世界に祝福を!」の劇場アニメ作品。私は2016年、17年に放映されたTVアニメは見ており、「嫌いじゃない」と言えるくらいには好きなのでわざわざムビチケまで買っ…

寓意性に富む秀作【ディリリとパリの時間旅行】感想

80点 『プリンス&プリンセス』「キリクと魔女』などを制作した、フランスのアニメーション界の巨匠、ミッシェル・オスロ。彼の最新作です。都内の映画館に行くと度々目にしましたし、そういえばミッシェル・オスロ監督の作品は観たことがないので、新作で…

20周年にふさわしい「お祭り映画」【劇場版ONE PIECE STAMPEDE】感想

80点 現在、週刊少年ジャンプにて連載中の国民的海賊漫画「ONE PIECE」。原作は2019年現在、連載22年目に突入し、TVアニメも今年で20年目になります。私はTVアニメはエニエスロビー編で見るのを止めてしまったのですが、原作は相変わらず買ってま…

そうだ新海誠、あなたはそういう人だった!【天気の子】感想 ※ネタバレあり

89点 2016年に公開された『君の名は。』が誰も予期していなかった特大ヒットを飛ばしてしまい、現状、(少なくとも興行収入的な意味で)ネクスト・宮崎最有力候補となった新海誠。本作は、彼の真価が試される3年振りの新作です。 『君の名は。』は奇…

「ヒーロー」としての責任の自覚【スパイダーマン ファー・フロム・ホーム】感想 ※ネタバレあり

88点 『スパイダーマン ホームカミング』より2年ぶりのMCU版『スパイダーマン』。MCU全体の前作は、シリーズの大団円である『アベンジャーズ/エンドゲーム』。『エンドゲーム』は、広げ切った風呂敷を完璧に畳んでみせた最高の完結篇であったわけで、個…

「役割」を終えたその先へ【トイ・ストーリー4】感想

採点不能 『3』で完璧に完結したと、誰もが思っていた『トイ・ストーリー』シリーズ。そのまさかの続篇。正直、制作発表を聞いたときは当時のピクサーの不調と関連付けて、とうとう「完結作の続篇」という安易かつ絶対にやってはいけない手段に手を出してし…

「生命の起源」から、自分を見つめ直すジュブナイル【海獣の子供】感想

87点 2006年から2011年にかけて「月刊IKKI」にて連載されていた五十嵐大介先生原作の漫画を劇場アニメ化した作品。私は、原作については、存在は知っていたけど読んではいなかったのですが、スタジオ4℃作品なので鑑賞しました。 実は、私が本作を…

「違い」こそ最大の長所【ダンボ(1941年)】感想

77点 3月に公開された、ティム・バートン版『ダンボ』の予習の意味で鑑賞。実写版のほうは結局観なかったのですが、かといって本作を観たことが無駄になったかといえばそんなことはなく、名作とされているだけあってとてもいい作品でしたし、70年以上前…

ある意味で湯浅監督の到達点【きみと、波にのれたら】感想

87点 昨年、アヌシー国際アニメーション映画祭において、宮崎駿、高畑勲以来、日本人監督として最高賞であるクリスタル賞を獲得した鬼才、湯浅政明。興行的な成功はまだありませんが、制作本数、そして各国の評価に関していえば、アニメーション監督として…

「男を手玉に取る女」峰不二子【LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘】感想

78点 『峰不二子という女』より続く『LUPIN THE ⅢRD』シリーズ最新作。今回焦点が当たるのは、ルパンファミリーの紅一点、峰不二子。正直、不二子に焦点を当てた作品なら、同じくアダルト路線を追求した「峰不二子という女」というTVシリーズがあるため、…

これが、完全燃焼アニメーションだ【プロメア】感想

89点 『天元突破グレンラガン』『キルラキル』を生み出した今石洋之×中島かずき×TRIGGERの最新作。私は上記の2作品は好きで、制作会社のTRIGGERについても、毎クール作品が放送されていればチェックするくらいにはファンです。そんなスタッフが再結集する…

王道は外しながらも、まっとうな青春映画【劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~】感想

80点 武田綾乃先生による同名小説のアニメ化作品。TVアニメは2015年から放送され、現在2シーズンを数えています。映画はこのTVシリーズをまとめた総集編が2本と、外伝作品『リズと青い鳥』が1本あります。私は何だかんだで総集編以外は観ているので…

「どうしたんだ、原恵一!」と戸惑わずにはいられない【バースデー・ワンダーランド】感想

40点 『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』、『河童のクゥと夏休み』など、これまで傑作を多く世に送り出してきた原恵一監督。非常に強い作家性を持ち、故に『クレヨンしんちゃん』以外はそこまで大規模な公開はなく、興行収入…

いつまでも変わらない、奴らが帰ってきた【劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ】感想

65点 1985年より週刊少年ジャンプで連載が始まり、80年代のジャンプを代表する作品である「シティーハンター」。本作は実に20年振りの新作アニメ作品になります。私は平成生まれなので、もちろんリアルタイム世代ではありません。しかし、CSでやっ…

100%「ファンのため」のお祭り映画【コードギアス 復活のルルーシュ】感想 ※ネタバレあり

73点 2006年に第1作が放送され、その面白さから瞬く間に大ヒット作となった『コードギアス 反逆のルルーシュ』。私ぐらいの年齢は直撃世代であり、私の周りにもギアスファンは多々います。もちろん私も見ていて、その面白さにやられ、谷口監督の作品…