暇人の感想日記

映画、アニメ、本などの感想をつらつらと書くブログです。更新は不定期です。

より一般向けにした結果、前作が持っていた最大の特色が失われた作品【パシフィック・リム アップライジング】感想

f:id:inosuken:20180423190505j:plain

 

55点

 

 

・前作について

 「もし、日本のロボットアニメ、特撮をハリウッドが本気で作ってくれたら」

 これは世界中にいる大きな男の子の夢でした。しかし、所詮は夢。叶わないものと多くの人間は諦めていました。しかし、ただ1人、諦めていない男がいました。男の名はギレルモ・デル・トロアカデミー賞で作品賞を獲るほどの腕前を持つ実力を持つ監督ですが、同時に筋金入りのオタクでもあります。そんな彼が自らのオタク魂を存分に注いで制作したのが前作『パシフィック・リム』でした。彼の夢を詰め込んだこの作品は、公開されるやいなや大きな男の子の心を鷲掴みにし、全世界を熱狂させ、未だにカルト的な人気を誇っています。

 何故この作品がここまでのカルト的人気を得たのか?それは、我々が求めていたアニメ、特撮的な「ツボ」を完璧におさえていたためだと思います。発進までのプロセス、技名をちゃんと言う、チェーン・ソード、音楽、主人公の機体が活躍する理由、そしてそれをストーリー的に違和感なく、カッコよく見せる演出など、特撮的な様式美を踏まえられていました。さらにそれが表面上の「オマージュ」に終わっていません。「巨大ロボ作品」が観たいのならば、マイケル・ベイ監督の『トランスフォーマー』シリーズを観ればよいのです。しかし、本作があちらと一線を画す点は、「オマージュシーン」が映画の中に自然に溶け込み、シーン毎に既視感があるにも拘らず、きちんとオリジナルの作品として昇華されている点です。しかもそれを190億円という目玉が飛び出るほどの予算を使って大真面目にやっているのです。

 そして5年という歳月が流れ、遂に公開された本作。禁断症状を起こしつつあったファンにとっては、待望の続篇でしょう。私も例外ではなく、気合を入れてIMAX3D字幕で鑑賞してきました。・・・しかし、観終わった今は、どこか落ち着いた気持ちがありました。というか、言いたいことがたくさんある微妙な作品となっていました。その理由を考えながら書いていきたいと思います。

 

・要因①

 本作が前作と比べ、大きく魅力が削がれてしまった主な要因として、前作にあったツボが押さえられていないことが挙げられます。例えば、メインであるロボットアクション。前作は上述のように、監督の日本のロボットアニメ、特撮への愛が溢れていて、そこにフェティッシュすら感じました。ですが、本作ではその感じがごっそり抜かれ、ただただ東京をぶっ壊しているだけの展開が続きます。この監督がロボットと怪獣がただ暴れている姿が好きなのか、上の人間の意向の結果こうなったのかは知りませんが、ただただ残念です。この結果、本作はただの『トランスフォーマー』となってしまいました。いや、『トランスフォーマー』でも良いんです。でも、私が観たいのは『パシフィック・リム』なんですよ!

 また、戦闘の最中に微妙な外しギャグを入れている点にも疑問が残ります。せっかくシーンとして決まっても、そこはカッコいいままでいいと思うの。

 さらに、ロボットの登場シーン、稼働シーンにカタルシスがあまり無い気がします。これも大問題です。造形は前作よりも洗練されていて、それはとてもカッコいい。素晴らしい。色々なタイプのロボットを揃え、多方面に満足感を与える作りも良い。ですが、上述の要素が微妙。前作は出動までのシークエンスを1回は丁寧に描いていました。それが非常に細かく、監督のフェティッシュを感じ、我々のツボを直撃しました。しかし、本作はこの過程があまり描写されてない。しかも、初出動のときは、もうちょっと劇的にやろうよと言いたいなぁ。ジプシー・アベンジャーの初戦闘は襲撃の迎撃ですからね。そこはピンチの時にやってくるぐらいの展開は欲しいですよ。

 

・要素②

 次に、ストーリーの微妙さを挙げておきたいです。宇多丸さんはご自身のラジオで、前作のストーリーを「50話あるロボットアニメの1話と2話と最終話を繋げただけ」と評していました。それになぞらえて書くならば、本作は「全25話くらいあるロボットアニメの総集編」だと思います。妄想すると、「起動篇」「シャオ社篇」「怪獣再来篇」の3篇を新規カットを用いて無理やり繋げた感じ。で、TVシリーズではシャオの社長は悪役だったんだけど、編集で繋げて善人にし、「彼」を悪役にストーリーを作り直したって感じです。

 故に、大きな問題が生まれました。本作は「新世代」がフィーチャーされていますが、そのキャラ全員の描き方が浅いのです。浅いのは主人公たちも例外ではありません。あまり描かれていないです。ジェイクは何故、戦う決意をしたのか。マコが死んだから、というのは分かります。しかし、それは無人機のせいであり、「イェーガーとして」戦うことの決意に直結しないと思います。しかも、「前の世代へのコンプレックス」みたいなものを抱えているのはジェイクぐらいな気がして、テーマが薄まっている気がします。

 テーマ的にも微妙ですが、ストーリーそのものも微妙です。彼女は何故技術者ではなく、パイロットとして採用されたのかとか、マコの死がほとんど無駄死にだったとかですね。

 このように微妙な点が多いくせに、妙に監督の趣味が入ってきます。ガンダム壊さなかったり。それが、前作で我々が大変危惧した「日本のロボットアニメの表面上のオマージュ」に近いもののような気がして、少しゲンナリしました。

 

・結論

 このように、本作は、「次世代へ繋ぐために、フェティッシュな要素を減らし、全世代向けにした」結果、前作が持っていた最大の特色を失ってしまった作品だと思います。ただ、白昼のバトルは良かったよ。

テロに遭遇した「普通の人々」の話【15時17分、パリ行き】感想

f:id:inosuken:20180420003825j:plain

 

90点

 

 近年、実話を撮り続けているクリント・イーストウッド監督。『ハドソン川の奇跡』以来2年振りとなる彼の最新作は、2015年にヨーロッパで発生した、若者3人が無差別テロを未然に防いだという実話でした。しかし、イーストウッド監督は、前作までとは違い、1人の「英雄」の話ではなく、我々のような「普通の人々」の話にしていました。本作はこれを様々な要素から成立させています。

 

 まず1つ目は、テロを阻止した「本人」をキャスティングしたこと。本作ではこれが非常に上手く機能していると思います。『ハドソン川の奇跡』ではトム・ハンクスを、『アメリカン・スナイパー』ではブラッドリー・クーパーというスターを使っていました。彼らにはオーラがありますから、1人の英雄の話なら良いと思います。ですが、「普通の人々」の話にするには、オーラがありすぎて説得力が無い気がします。そこで、役者でもない本人をキャスティングすることで、「普通」感を出そうとしたのかなぁと。

 

 次に構成です。話は3人が小さいころに知り合って、共に成長する姿を描いています。中でもフィーチャーされているのがスペンサー・ストーン。彼の半生を中心として物語は進んでいきます。しかし、この物語は、我々が考えているものとは少し違います。スペンサーの人生の1場面が映されていくのですが、その場面が物語的に繋がっていないのです。しかも、大した波も無い。リュック失くしたり、スペンサーが挫折したり、寝坊したり、ヨーロッパ旅行したりしています。映画って、普通はある1点に向かって伏線が張り巡らされて進んでいくものだと思っていますが、本作はそれらに物語的な関連性が低いのです。なので、本当に人生の1場面を切り取って映しているように見えます。

 しかし、これが実にいいです。これによって、まさに本作は普通の人々の「運命」の話になっていると思います。つまり、それまで意図せず積み上げてきたものが偶然結実する構造が出来上がっていると思います。こう考えると、本作の「列車」という舞台も自分の意志とは無関係に進んでいく「運命」を象徴しているようですね。

 

 この構成により、私は本作を観て、個人的に生きる希望をもらった気がします。スペンサーは、「人を救いたい」という想いのもと、生きていました。そして、曲道もありつつも、1つの結果を生みます。ここから、私は「今していることは、今は無駄かもしれないけれど、いつか何かの形で実を結ぶかも」と感じることができたためです。

 

 イーストウッドは過去の実話を基にした映画の中で、英雄を主に描いていました。ですが、彼は英雄と同時に、「アメリカ」という国を描いていたと思います。本作は「名も無き普通の人々」ですが、「アメリカ」という枠を超えて、世界のあるべき姿を描いていると思います。

 それは、「各国の協調」だと思います。スペンサーら3人はテロを未然に防ぎました。しかし、完全に彼らだけで防いだわけではありません。列車に乗っていた乗客全てが協力して事態にあたりました。彼らの国籍は様々です。ここから、メッセージを読み取ることができなくもないです。

 このように、本作は、テロを描きながら、世界へ向けたメッセージすら内包させている「映画」にしてしまうイーストウッドの手腕に感服させられる1本でした。

まさに「今」観るべき映画【ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書】感想

f:id:inosuken:20180417223316j:plain

 

80点

 

 アメリカ国防省ベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップ・シークレットとなっていた文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」。これを政府の圧力と戦いながらも公表しようとしたワシントン・ポストの面々を描いた作品。作中の舞台設定は1971年ですが、現在、日本でも似たような出来事が起こっているため、図らずもタイムリーな作品となってしまいました。

 本作は『大統領の陰謀』のような作品ではありません。『大統領の陰謀』等といった、ジャーナリズムを用いたエンタメ作品は、スクープをとる過程を重点的に描き、そこにカタルシスを見出します。しかし、本作は、その過程は描かれはしてもドラマチックではなく、どことなく淡々と進みます。そのかわり重点を置かれているのが、「この記事を公表するかしないか」という個人の葛藤です。その代表がキャサリン・グラハム。彼女はそれまで父と夫が作り上げてきたポストを護るために、記事を公開するかしないのか、という決断を迫られます。演じるのは名優メリル・ストリープ。周りの意見に振り回されていた女性が自立した存在になる過程を、抜群の演技力で演じています。彼女の決断によって新聞社各社が動き始めるシーンは大変なカタルシスを生みます。ちなみに、この「女性の決断によって世の中が動く」という展開も非常に現代的です。

 この個人の葛藤に焦点を当てることで、本作のテーマも見えてきてます。それは「ジャーナリズムってこういうものだよね」ということだと思います。というのも、キャサリンやポストの記者たちの原動力となったのは、ジャーナリズムの本分である「民主主義を機能させるための、権力の監視機関」という自負だったと思います。そして、情報を漏洩した役人も、理由は似たところがあったと思います。そして今、アメリカはもちろん、世界各地でフェイクニュースがはびこり、排外的な思想を持った勢力が力を伸ばしてきています。こんな時だからこそ、ジャーナリズムがしっかりして権力を監視し、国民に正確な情報を与えることが重要なのだ、と言いたかったのではないでしょうか。確かに、報道の自由から有名人の不倫とか相撲のニュースばっかりやられたらうんざりもしますけど、責務を果たしてくれれば、国民ももっと政治について考えることができると思うのです。もちろん新聞を盲信することは禁物ですけど。これは全世界的に通用するものでしょう。

 ストーリーばっかり書きましたが、ここで私が素晴らしいと思ったシーンについて。まず、活版印刷の下りです。映画的に撮られていて、めちゃくちゃ興奮しました。また、本作の「敵」の描写も秀逸でした。スピルバーグお得意の「見えないからこそ際立つ」恐怖演出。さすがですね。本作ではホワイトハウスがトラックであり、ジョーズでした。

 本作は、所謂「名作」ではないと思います。スピルバーグはこう述べています。「これは僕のツイートのようなものだ」と。事実、彼は本作を9カ月で撮ったそうです。ツイートとは、情報の波に吞まれ、一瞬で消えてなくなります。本作は、後世に残るような普遍性よりも、「今」に特化した内容となっています。故に、本作はまさに「今」映画館で見るべきスピルバーグ渾身のツイートなのですね。

一応【リメンバー・ミー】とリンクしたテーマだけど、長すぎ【アナと雪の女王/家族の思い出】感想

f:id:inosuken:20180411225715j:plain

 

40点

 

 『リメンバー・ミー』と同時上映の短編。ピクサー映画についてくる短編は毎回実験的なもので、結構楽しみにしてたりします。しかし、本国ではあまりのつまらなさと時間の長さから映画館のスタッフが対応に追われ、途中から上映を止めたとか。そんな情報を入れてから観てみましたが、なるほど、これは微妙です。

 内容は簡単で、オラフが伝統が無い姉妹のために、他の家の伝統を探すというもの。これは同時上映の『リメンバー・ミー』と似たような内容です。あちらも断絶した家族の記憶を蘇らせる話でした。

 これが短ければいいのですが、長いのです。その時間、約22分。TVアニメ1話分です。しかも内容も上記のようなオーソドックスなものなので、新鮮味も無く、『アナと雪の女王』の宣伝感が拭えない・・・。こちとら『アナ雪』にはそれほど思い入れも無いので、退屈でしたね。

「忘れない」ことで、人は生き続ける【リメンバー・ミー】感想

f:id:inosuken:20180411223626j:plain

 

80点

 

 国民的漫画『ONE PIECE』。この作品には、今なお語り継がれている名台詞があります。16巻に掲載されているDr.ヒルルクの最期の言葉です。

 

 「人はいつ死ぬと思う?心臓を銃で胸を撃ち抜かれた時・・・違う。不治の病に侵された時・・・違う。猛毒キノコのスープを飲んだ時・・・違う!!!」

 

 「人に忘れられたときさ」

 

 私が本作を観て最初に思い出したのが上記の台詞でした。これを読んだときは小学校低学年だったと思うのですが、それから10年以上経った今、ほぼ同じ内容の映画を観て号泣させられるとは思いませんでした。しかもそれを作ったのがあのピクサー。もちろん『ONE PIECE』に影響されたわけではなく、題材としたのはメキシコにある実在の風習「死者の日」。これは日本でいう「お盆」に非常に近いもので、こんなものを題材にして一級のエンターテイメント作品にしてしまうピクサーの実力には脱帽です。

 アニメーションのクオリティはもはや言及不要の素晴らしさ。もはや実写と見間違えても無理はないレベルまで達していると思います。特に本作で目を見張ったのが、英題にもなっているココさんです。皺とかリアルすぎて本物としか思えません。他にも背景とか素晴らしいですね。

 しかし、本作で最も素晴らしかったのが「死者の国」です。こう聞くと、我々はどこか悲しげな国を想像しがちですが、本作はその正反対。カラフルで陽気な国です。しかもそこには苦しみはありません。皆幸せに暮らしています。本作は、もうこの発想だけでもフィクションとして「勝ち」だと思います。

 また、その設定にも唸らされます。写真が無ければ生者の国と行き来できないとか、我々が普段していることを作品の中にスッと落とし込んでいます。しかもそれがテーマとも直結してるのですね。

 そしてやはりピクサーですから、シナリオも安定の完成度。最初に提示された要素が、後でパズルのピースが埋まっていくように進んでいくストーリーはさすがです。ミスリードもとても上手かったし(私は中盤まで完全に騙されました)、中盤でミゲルの正体がバレるくだりもきちんとした理屈があったりして、こういう点では隙が無い。

 こうして進むストーリーは、最後に普遍的なメッセージへと辿り着きます。それは我々は誰かから生まれ、そしてその誰かはまた誰かから生まれる。こういう積み重ねが確かにあったということです。そして、だからこそ、私たちは今ここに存在しているのです。そして、たとえ死んでも誰かが自分のことを覚えてくれれば、その人の中に永遠に生き続けられるのです。しかし、よほどの有名人でもない限り大抵の人はすぐ忘れるでしょう。だからこそ、家族が大切なのです。

 エンドロールも素晴らしかったですね。終わった後に出てくるアレです。アレにより、本作はより普遍性のある作品となったと思います。今の我々が生きているのは、先人が積み上げてきたものがあるからですよね(負債もありますけど)。こう考えると、ピクサーなんて、まさにそうですよね。技術を継承し、ブラッシュ・アップを重ねて今の地位にいるわけですから。

 しかし、気になったことがあったのも確か。まず、終わってみれば、ストーリーが完全に「ラストありき」になっていた気がします。これまでのストーリーも全てラストの「ため」で、それに従ってキャラを動かしていた気がしたのです。そしてそのせいか、中盤以降、どうにも展開が読めてしまった気がします(まぁそれでも面白いんですけど)。

 後、ココさんについて。何というか、証拠全部持ってたのね。これが分かったとき、どうにも遠まわり感が出てしまったというか。何というか。まぁ、ココに思い出させることが目的ですから、これは良いのかな。後は家族ですね。最初はイライラしてました。ダンテにも。最初足引っ張ってばっかだったし、覚醒してからも大して役に立ってない気がする。

 このように、言いたいことはあります。ですが、やっぱり面白いし、日本でも十分通じるテーマなので、観てよかったなぁと思います。

「信念を貫き通したヒーロー」の完結篇として最高だった【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】感想

f:id:inosuken:20180409230126j:plain

 

82点

 

 「アメリカの理想」を体現したヒーローとして、アベンジャーズの中でも中心的な役割をしてきたキャプテン・アメリカ。彼の単独作として3作目となる本作は、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の正統な続篇であり、キャップはもちろん、他のヒーロー達の信念も試される話でした。それ故にこれまで出てきたヒーロー達が大量に登場します。なので話の軸がブレるのではないかと考えがちですがそんなことはなく、間違いなく『キャプテン・アメリカ』の話になっているという、ルッソ兄弟の手腕が遺憾なく発揮された作品となりました。

 本作の舞台は『エイジ・オブ・ウルトロン』から1年後。キャップ達が犯罪者を倒す過程で無関係の民間人に被害が出るという、ショッキングなシーンから始まります。そこから話は『エイジ・オブ・ウルトロン』の裏面に焦点が当てられていきます。それは彼らの活躍の裏で、実は多大な犠牲が出ていたということ。この事態を重く見た国際的な政府組織(いちいち書くの面倒だから国連で良いかな?)は、ヒーロー達を自らの管理下に置くソコヴィア協定を立案。この協定の傘下に入るか入らないかでアベンジャーズが分裂するという、『ガメラ3 邪神覚醒』的な「ヒーローの相対化」の話でした。この点で、本作は事実上の「アベンジャーズ2.5』とも言えます。この「分裂」も双方の言い分に説得力を持たせられるように作ってあってとても上手いなぁと。

 では本作はキャップの話ではないのか、と思われますが、そんなことはない。きちんとした『キャプテン・アメリカ』の3作目でした。彼は「アメリカの理想」を体現するヒーローです。しかし、時代とともに国家の価値観が変わり、彼は理想と現実のギャップで悩み続けます。しかし、自身の信念を貫いてきました。それが前作『ウィンター・ソルジャー』でした。

 本作もまさしく彼が「信念を貫く」話です。しかし、あちらでは彼の選択が功を奏しますが、本作はむしろ争いの種となってしまいます。今回彼が貫くのは、友人・バッキーを護るということ。もちろん無実と信じてですが、そのせいでアベンジャーズと対立し、一時的な離脱を余儀なくされます。「自らの信念を貫いた結果、アベンジャーズから離脱」という、実に彼らしい結末です。この「貫く」という点で、やはりトニー・スターク/アイアンマンとは対照的です。彼は柔軟に対応していきますからね。

 完全に離脱してしまったのかと思われましたが、ラストの台詞で少し救われました。『インフィニティ・ウォー』への布石でしょうけど、まだ仲間だと思っていたのですね。

 他にはやっぱりキャラ全員の活躍のさせ方がとても上手いとか、キメ画はきっちりキメてきて上がるとか、良いところが目白押しな1本した。ただ、難点を挙げるとしたら、アベンジャーズが振り回されすぎな点ですね。

アメコミヒーローを通して、今、現実の世界で求められているリーダーを描いた快作【ブラックパンサー】感想

f:id:inosuken:20180404000121j:plain

 

86点

 

 MCU最新作。アメリカではMCUの中でも屈指の大ヒットを飛ばしている本作。実際に観てみると、ヒットするのも納得の作品でした。というのも、本作は「ヒーローのオリジン」と「主人公の成長」を軸に話が展開し、それが達成された時、自然と今の世界に向けてのメッセージにつながってくるという、アメコミヒーロー映画としても、搾取と差別の歴史を踏まえ、今を描いた社会派映画としても非常に完成度の高い作品だったからです。

 観始めて目を奪われるのは、スタッフが徹底して調べ上げたというアフリカ地域の民族文化。エキゾチックな印象があり、観ているだけで楽しいです。

 本作の主人公はティ・チャラ。彼は『シビルウォーキャプテン・アメリカ』で死亡したティ・チャカに代わって王位を継ごうとしています。しかしこの男、どうにも頼りない。それは冒頭から出ていて、彼は元カノの前に立つと緊張で硬直し、若干ピンチに陥ったりします。そしてそれを護衛隊長であるオコエさんにたしなめられる始末。周りがしっかりしているだけに、余計に彼の頼りなさが強調されます。ちなみにこの冒頭の戦闘シーンは、アクションだけでキャラ紹介をしている良いシーンでもあります。

 でも、その周りも少し問題で、基本的になぁなぁのまま彼を甘やかしています。王位の継承儀式も出来レースでしたし。途中の乱入が無ければ、彼の強さすら疑っていました。

 そんな甘やかされているチャラと対照的なのがマイケル・B・ジョーダン演じるエリック・キルモンガー。本作の事実上の主役とも言える彼はヌクヌク育ったチャラとは対照的に、底辺から自力で這い上がった男。なのでチャラとは違い、苦しんでいる人々の辛さを身を以て知っています。そんな彼の目的はワカンダを乗っ取ること。何故彼がそのようなことを考えたのか。それはワカンダの持つ欺瞞が原因です。

 ワカンダはヴィブラニウムが採れる唯一の国で、その科学力は世界の水準を遥かに上回ります。そんな超絶科学を持つならば外国にさぞかし有益なことをしているのかと思われますがそんなことはない。「他国のゴタゴタに巻き込まれるのはごめんだ」とし、諸外国にはその科学力を徹底的に秘密にし、世界には「農業国」として通しています。つまり、他国の窮状を救える力があるのに、黙って見ているわけです。

 エリックの父親はこの欺瞞を止め、科学力を持ち出そうとしたためチャラの父親に殺されたのでした。エリックは底辺から這い上がったため、苦しんでいる人の気持ちが分かります。故にワカンダを乗っ取り、世界中の虐げられている人々に「戦うための力」を授けようとするのです。

 根底にある思想には非常に共感できます。世界中で言われていることですし。ですが、そのために武器を輸出することはどうなのでしょうか。これって、過去から現在まで、アメリカとかソ連とかロシアとか、所謂「大国」が小国に武器を送って代理戦争をさせていることとあまり変わらない気がします。

 虐げられた人々を救わなければならない。しかし、エリックも止めなければならない。チャラは葛藤の末に、過去のワカンダを受け入れ、「これからのワカンダ」を自らの意志で目指し始め、世界と繋がります。それは露骨なまでの反・トランプ的メッセージ。ここから、本作で描かれたヒーローは、まさに今、世界で望まれているリーダーであると言えます。

 こうして新たな決意を固めたチャラがラストにある場所に行くことでワカンダの在り方が冒頭と対比され、「あの」子どもの問いかけに答えられるチャラは、まさしく新しいワカンダの国王なのです。

 また、冒頭と言えば、最初の最初。ある人物がおとぎ話を聞かせているシーン。終盤でその人物が分かるのですが、ここでもう感動が何倍増しになります。

 エリックは今回で退場ですが、彼の存在は今後もチャラの中で生き続けるでしょう。何故なら、チャラが目指すワカンダは、エリックが憧れていたものだろうから

 

 最期に・・・ワカンダフォーエバー!