暇人の感想日記

映画、アニメ、本などの感想をつらつらと書くブログです。更新は不定期です。

DVDその他鑑賞(2018年)

ゲーム版『トイ・ストーリー』【シュガー・ラッシュ】感想

82点 12月に続篇が公開されるということで、予習として鑑賞。観終わってすぐは「いやぁ、良いもん観たなぁ」という幸福感に包まれているのですが、しばらく経ってよくよく考えてみると、おかしな点や、納得がいかない点も多くあった作品でした。 監督は…

差別主義者への鉄槌【KAMIKAZE TAXI(インターナショナル・バージョン)】感想

95点 現在、『検察側の罪人』が公開されている原田眞人監督の出世作。悪徳政治家、土門のせいでヤクザに恋人を殺されたチンピラ、達男。彼は土門の家から金を盗む計画を立て、実行しますが、土門の手下である亜仁丸率いるヤクザに追い詰められ、達男以外皆…

邪魔する奴らは皆殺し。最高のガン・アクション映画【ジョン・ウィック】感想

83点 遂に観ました。ずっと観たかった本作。キアヌ・リーヴス演じる凄腕の殺し屋ジョン・ウィックが愛犬を殺したマフィアの息子を狙って、送られてくる刺客を殺して殺して殺しまくります。このアクションもバリエーション豊かで、観ていて飽きませんし、「…

善悪の境界なき戦場【ボーダーライン】感想

90点 今、乗りにのっている映画監督、ドゥニ・ヴィルヌーヴ。そして、同じく今乗りにのっている脚本家、テイラー・シェリダン。彼らが2015年に制作した作品です。前から観たいと思っていたのですが、例によってズルズルと先延ばしにしていました。しか…

地獄巡りで外した人の道【野火】感想

98点 感想を挙げるのは9月になりましたが、鑑賞したのは8月15日です。鑑賞理由はこの月日から察せられるように、終戦の日だからです。去年は岡本喜八監督の名作『日本のいちばん長い日』を鑑賞しました。あちらは、昭和天皇と鈴木貫太郎内閣が御前会議…

フェミニズムを盛り込んだ娯楽時代劇【駆込み女と駆出し男】感想

81点 原田眞人監督作品。『検察側の罪人』に合わせて、監督の作品をいくつか観ておこうと思い、評判のいい本作を鑑賞しました。井上ひさしの『東慶寺花だより』を原案に、縁切寺に駆け込んだ女性たちと、医者になったばかりで、戯作者にも憧れている「駆け…

過去は消せない。【手紙は憶えている】感想

90点 ずっと観たかった本作。劇場公開時は時間の関係で観逃がしていたので、Netflixに登録されたことを機に鑑賞しました。ナチスに家族を殺された老人の悲しい復讐を描きます。 本作で復讐を実行するのは2人。車椅子で動けないながらも、頭はハッキリして…

アメリカ版『必殺仕事人』【イコライザー】感想

87点 元凄腕CIA工作員で、現在はホームセンターで働いているロバート・マッコール。彼はある夜、テリーという少女と出会います。彼女と交流を深めるロバートですが、とあることから、彼女を囲っているロシアンマフィアの非道を知り、「イコライザー」とし…

「父親」というヒーローになるまでの物語【アントマン】感想

78点 『アントマン&ワスプ』の公開に合わせ、過去作である本作を鑑賞。これでMCU作品はほぼ鑑賞しました(まだ『インクレディブル・ハルク』が残ってるけど、観るかどうかは微妙)。感想として、とても面白かったです。 本作のヒーローは、最小1.5cm…

ハサミに隠れた優しさ【シザーハンズ】感想

95点 ティム・バートンの名作映画。人里離れた古城で孤独に暮らしていたエドワード・シザーハンズの物語。観たのは今年の3月と随分前なのですが、何だかんだとあって書くのを先送りにしていました。本作を観ようと思ったのは、思えばティム・バートンを私…

浮き上がるイーサン・ハントの信念【ミッション・インポッシブル/ローグネイション】感想

80点 実は私はこのシリーズをちゃんと観たことがなく、本作がシリーズ初鑑賞です(オリジナルの『スパイ大作戦』はCSでやっていたのを数話見た程度)。現在公開中の『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の準備として鑑賞しました。何故この5作…

「なりたい自分になれよ」じゃないんだ・・・【Mr.インクレディブル】感想

87点 8月に続篇である『インクレディブル・ファミリー』が公開されるので、復習として鑑賞。14年前にリアルタイムで映画館で観たのですが、未だに覚えているシーンが多々あったりしたし、なによりピクサーなので面白いだろうと思っていました。そして、…

「なりたい自分になる」姿を描いた傑作【アイアン・ジャイアント】感想

97点 はじめに 8月に最新作『インクレディブル・ファミリー』の公開が控えているブラッド・バード監督。彼が生み出した名作。先日「アニメ秘宝」を購入して読んでみたら、かなりの方がこれを挙げており、興味が湧いたのと、最新作の公開も近いのでちょう…

人間が恐竜に襲われるさまを面白可笑しく描いたブラックコメディ【ジュラシック・ワールド】感想

78点 2015年に公開され、世界的に大ヒットした『ジュラシック・パーク』シリーズの第4弾。実は私は『ジュラシック・パーク』を観たことがなく、今回がシリーズ初鑑賞です。名作の誉れ高い第1弾を観ても良かったのですが、新作に備えて直近の作品を観…

五エ門らしいストイックすぎる作品【LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五エ門】感想

85点 『峰不二子という女』から始まった『LUPIN THE ⅢRD』シリーズ。その3作目(劇場版としては2作目)。よく知られている『ルパン三世』のイメージに囚われず、原作漫画が持つハードでアダルトな作風、そして『ルパン』シリーズ屈指のハイクオリティな…

「信念を貫き通したヒーロー」の完結篇として最高だった【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】感想

82点 「アメリカの理想」を体現したヒーローとして、アベンジャーズの中でも中心的な役割をしてきたキャプテン・アメリカ。彼の単独作として3作目となる本作は、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の正統な続篇であり、キャップはもちろん、他…

秀逸なリメイク作品【銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲】感想

78点 『銀河英雄伝説』劇場版第3弾にして、OVA版では最終作。内容はOVA版の1話と2話を元に、外伝の内容などを加味したもので、リメイクに近いと思います。ですが、昨今アニメ界で流行りの既存の映像を切り張りし、新規カットを加えて新たに作り直すもの…

観ると腹が減る、犯罪的飯テロ映画【シェフ 三ツ星フードトラック始めました】感想

80点 この世界には、「飯テロ」という言葉があります。主に深夜など、「飯を食べてはいけない」時間帯に発生し、我々の食欲を刺激するという犯罪に等しい行為です。中でも代表的なのはTVドラマ『孤独のグルメ』シリーズ。出てくる料理、そしてそれを食べる…

銀河の歴史。その最初の1ページ【銀河英雄伝説 わが征くは星の大海】感想

75点 日本アニメ史に燦然と輝く傑作『銀河英雄伝説』。その初めてのアニメ化作品。本編OVAは全話鑑賞済みです。こちらも早く感想を挙げなくては。で、こちらの感想としては、とても面白かったです。最初のアニメ化だけあって、『銀河英雄伝説』のエッセン…

色んな意味で『アベンジャーズ』のその先を描いた作品【アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン】感想

78点 多彩なヒーローたちの活躍を破綻なく過不足無く描き、しかもそれで映画が破綻していないという驚異のクオリティを見せた前作『アベンジャーズ』の続篇。続篇は大抵微妙かつまらないですが、さすがはマーベルスタジオ。不満が無いでは無いですが、十分…

1本の娯楽映画として大傑作だと思う。【キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー】感想

89点 『キャプテン・アメリカ』シリーズ2作目。評価が非常に高い作品で、ずっと観たかった作品です。ようやく時系列的に観られるようになったので鑑賞しました。 非常に面白かったです。評価が高い理由も納得の1本でした。というのも、本作はアメコミヒ…

【バーフバリ 伝説誕生】感想

86点 今年から、タマフルのガチャで当たった映画については、自分の時間とお金と興味が許す限りでは観に行くことにしました。そんなことを決めた矢先当たった本作の続篇である『王の凱旋』。当たった当初はインド映画を甘く見ていたこともあり、スルーしよ…