暇人の感想日記

映画、アニメ、本などの感想をつらつらと書くブログです。更新は不定期です。

あの原作をよく見事に「映画」にした!【蜜蜂と遠雷】感想

95点 原作既読。それ故に映画化を知ったときは戸惑いました。「出来るわけがない」と。原作を読んだ方ならば分かると思いますが、本作は非常に映像化しにくい作品であり、ハードルは相当高いのです。普通ならばスルー案件なのですが、監督は2017年に『…

彼の怒りは、遂に世界へ向けられる【ジョン・ウィック:パラベラム】感想

89点 引退した殺し屋が、激情にかられてあらゆる敵を倒していく痛快シリーズ、『ジョン・ウィック』。1作目は単なる「ナメてた相手が殺人マシーンでした」映画であった本作ですが、2作目から急激にフィクションラインが上がり、ジョン・ウィックが所属し…

「学ぶことの楽しさ」を思い出させてくれる漫画「ほしとんで」の感想

今週のお題「好きな漫画」 久々にはてなブログのお題に参加します。「好きな漫画」と言われれば、私もそれなりには漫画を読んできたし、今もそこそこは読んでいるので、そりゃたくさんありますよ。その中で、今回私が記事にしようと思うのは、「ほしとんで」…

「未来」をしっかりと示した秀逸なエピローグ【エルカミーノ:ブレイキング・バッドTHE MOVIE】感想

82点 あの傑作TVドラマ「ブレイキング・バッド」の劇場版作品。TVドラマの頃から画面構成、演出と、「映画」と呼んでも差し支えないレベルの作品でしたが、とうとう本当に映画になってしまいました。とは言え、Netflix作品なのですが。私はTVドラマは結構…

確かに映像は凄いけど・・・【ジェミニマン】感想

57点 『アラジン』で青くなってミュージカルをやったと思ったら、今度は若い頃の自分自身と戦うハメになったウィル・スミス。端から見てて、確かに愉快でしたが、私は本作を観るつもりはありませんでした。確かに、ウィル・スミスVSウィル・スミスというネ…

心からワクワクできる、傑作冒険活劇【ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん】感想 

95点 存在を知ったのは、アフター6ジャンクションのコーナーにて。名アニメーターである井上俊之さんが本作を絶賛していたので興味が湧き、9月の末に頭が痛いのと疲労がたまっている体を押して恵比寿まで鑑賞してきました。 結果、鑑賞して本当に良かっ…

2019年春アニメ感想⑤【鬼滅の刃】

現在、週刊少年ジャンプで大好評連載中の五峠呼世晴先生の原作をアニメ化した作品。単行本は17巻まで発行され、累計の売上部数は1200万部を突破(2019年10月現在)しているという今のジャンプを代表する作品の1つです。私は例によって原作は読ん…

心の深淵を巡る旅【アド・アストラ】感想

78点 初ジェームズ・グレイ。当初は観るつもりはなかったのですが、例によってヴェネチア国際映画祭にて大変評判が良かったということと、このような文芸映画っぽい作品が近くのシネコンでかかっていて観やすかったので鑑賞してきました。 予告とポスター…

日本アニメの進化形はここにある?【HELLO WORLD】感想

87点 東宝が制作した、オリジナル・アニメーション。監督は「ソード・アート・オンライン」シリーズの伊藤智彦。脚本は小説家の野崎まど。制作はあの傑作『楽園追放』を生み出したグラフィニカ。私は「S.A.O」にはそこまでハマらなかったですし、野崎まど…

2019年夏アニメ感想④【コップクラフト】

「フルメタルパニック!」シリーズの賀東招二先生原作の同名ライトノベルをアニメ化した本作。原作は「海外の小説を賀東先生が翻訳した」という体で書かれている、少し面白い作品です。私は原作の存在は以前から知っていましたが、まぁ例によって読めておら…

2019年春アニメ感想④【キャロル&チューズデイ】

人間がその生活の場を火星にまで伸ばした未来。難民の子、キャロルと、政治家の娘、チューズデイ。彼女らが出会い、音楽を通して絆を深め、成功していく様を描いた作品です。総監督は「カウボーイ・ビバップ」「スペース・ダンディ」等、名作を生み出してき…

そのままの自分が、最高にクール【エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ】感想

91点 何でもアメリカの前大統領、バラク・オバマが2018年のベストに選んだという本作。私はオバマは別にいいのですが、本作の高い評判は前から入ってきていまして。雰囲気的に同じような感じの『レディ・バード』も素晴らしかったので楽しめるんじゃな…

2019年夏アニメ感想③【ロード・エルメロイⅡ世の事件簿-魔眼蒐集列車 Grace note-】

あの超人気シリーズ「Fate」のスピン・オフ作品。主人公は「Fate/Zero」にて、ライダー/イスカンダルと共に戦ったウェイバー・ベルベット。本作は、彼が亡き師、ケイネス・エルメロイが持っていた「ロード」の名を継ぎ、次々に舞い込む難事件に挑むミステリ…

紛れもなくジョーカーの映画であり、ヴィランの映画でもある【ジョーカー】感想

99点 『アクアマン』、『シャザム!』と、DCEUを見直した途端に傑作、秀作を連発するようになったDC映画。現在、MCUとは違う意味で好調になりつつあるDCが放ったのは、あのバットマンの宿敵にして、アメコミのスーパーヴィランの中でも抜きんでた存在感を…

人と人を繋ぐ物語【ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 永遠と自動手記人形】感想

87点 2018年に放送され、(京アニ制作の中でも)驚異的な映像クオリティを見せつけた「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の劇場版作品。私はTVアニメは楽しく見ていたので、その劇場版作品ということならば例え外伝だろうと鑑賞するしかないというこ…

浮き彫りになる、人間の闇【誰もがそれを知っている】感想

80点 『海辺の生と死』『セールスマン』のアスガー・ファルハディ監督最新作。彼の最新作ならばということでもちろん鑑賞した次第です。 ファルハディ監督は、『セールスマン』において、「妻を襲ったのは誰か」というミステリー的な内容をメインに据えつ…

2019年夏アニメ感想②【ダンベル何キロ持てる?】

ダンベル何キロ持てる?と聞かれれば、「ご、5キロ・・・」としか言えない私ですが、実は市営のトレーニングルームで定期的に筋トレはしていまして(民間のジムは高い)。そんな共通点と動画工房制作という2点で視聴を決定しました。 とても心地よいアニメだ…

今年最高のおバカ映画、爆誕!!【映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説】感想

80点 暁なつめ先生原作による、「小説家になろう」発のライトノベル、「この素晴らしい世界に祝福を!」の劇場アニメ作品。私は2016年、17年に放映されたTVアニメは見ており、「嫌いじゃない」と言えるくらいには好きなのでわざわざムビチケまで買っ…

2019年秋アニメ視聴予定作品一覧

早いもので、2019年も夏アニメが終わりを迎えようとしています。そして1つの終わりは、1つの始まりということで、秋アニメが始まります。というわけで、毎期恒例、新作アニメの視聴予定一覧です。 今回は前回までとは仕様を変え、夏アニメの現在の視聴…

2019年夏アニメ感想①【からかい上手の高木さん2】

からかい上手の高木さんと、健全な男子中学生西片の、からかい勝負という名のイチャつきぶりを眺めるという、幸せな気分にしかなれないアニメが帰ってきました。私は原作は未読なのですが、昨年放送された1期は、当時荒んでいた私の心を癒してくれた作品で…

引き裂かれた者たちの友情【工作 黒金星と呼ばれた男】感想

94点 過去に韓国に実在したスパイ、黒金星を題材にしたスパイ映画。監督は『群盗』、『悪いやつら』のユン・ジョンビン。映画秘宝にて絶賛レビューが載っていたので興味が湧き、公開当初には間に合わなかったものの、セカンド上映にて鑑賞してきました。 …

驚異的な色彩美で描く、影の物語【SHADOW/影武者】感想

65点 最初は観るつもりはありませんでした。では何故観ようと思ったのかと言えば、私が購読している映画秘宝のレビューで、「チャン・イーモウ復活作」と書かれていたから。世界的な巨匠と言われていながら、私はチャン・イーモウ作品は観たことがなかった…

神と共に、少年を見守る映画【僕はイエス様が嫌い】感想

76点 若干22歳の方が監督した作品。本作を知ったのはCSの番組でした。気になったのでHPを見てみればそうそうたる方々から推薦されており、「時間があったら鑑賞するか枠」に入れていました。そして去る8月の某日、時間ができたので鑑賞してきた次第です…

世界が持つ二面性【アス】感想 ※ネタバレあり

93点 前作『ゲット・アウト』が低予算ながらサプライズ・ヒットを飛ばし、更にはアカデミー賞脚本賞を獲得してみせた新進気鋭の監督、ジョーダン・ピール。今や映画界で最も注目されているであろう彼の、監督第2作です。私は前作『ゲット・アウト』は観て…

寓意性に富む秀作【ディリリとパリの時間旅行】感想

80点 『プリンス&プリンセス』「キリクと魔女』などを制作した、フランスのアニメーション界の巨匠、ミッシェル・オスロ。彼の最新作です。都内の映画館に行くと度々目にしましたし、そういえばミッシェル・オスロ監督の作品は観たことがないので、新作で…

物語の中で、彼らは生き続けている。タランティーノの愛に泣きました【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド】感想

95点 クエンティン・タランティーノ監督、通算9作目(『キル・ビル』を2作で1作とカウントした場合)の作品。告白しますと、実は私はタランティーノ作品はそこまで映画館で観たことはありません。観たことがあるのはまさかの『ジャンゴ 繋がれざる者』…

事なかれ主義は破滅への第1歩【隣の影】感想

87点 アイスランド発の映画。ぴあの水先案内で私が信頼している案内人が推薦していたので興味が湧きました。ただ、公開規模が小さいということがあり、時間の関係で中々観に行けず、公開からしばらく経ってしまったのですが、夏休み中にちょうど観られるタ…

【本屋が好きという話】

私は読書を趣味としています。読む冊数は少ないと思いますが、本を読むのは楽しい。その理由については以前、別の記事で書きました。 しかし私は、本と同じくらいに、本屋に行く事が好きです。本を買うならAmazonとか通販があるじゃないか、と思われるかと思…

NETFLIXアニメ【ULTRAMAN】感想

「ウルトラマン」に関しては、私はそこまで熱心に追っているわけではありません。平成生まれである私にとっては、「ウルトラマン」とは平成の三巨人であり、昭和のシリーズで曲がりなりにもきちんと見たのは「ウルトラマン」と続く「ウルトラセブン」くらい…

自分を解放するミュージカル【ダンス・ウィズ・ミー】感想

76点 矢口史靖監督最新作。私は矢口監督の作品は映画をよく観るようになる前から観ていて、そのおかげで『ロボジー』以外は監督作は全て観ています。平均して面白い作品を送り出してくれている方なのですが、直近の2本は個人的にはどストライクに素晴らし…