暇人の感想日記

映画、アニメ、本などの感想をつらつらと書くブログです。更新は不定期です。

「ヒーロー」としての責任の自覚【スパイダーマン ファー・フロム・ホーム】感想 ※ネタバレあり

88点 『スパイダーマン ホームカミング』より2年ぶりのMCU版『スパイダーマン』。MCU全体の前作は、シリーズの大団円である『アベンジャーズ/エンドゲーム』。『エンドゲーム』は、広げ切った風呂敷を完璧に畳んでみせた最高の完結篇であったわけで、個…

「役割」を終えたその先へ【トイ・ストーリー4】感想

採点不能 『3』で完璧に完結したと、誰もが思っていた『トイ・ストーリー』シリーズ。そのまさかの続篇。正直、制作発表を聞いたときは当時のピクサーの不調と関連付けて、とうとう「完結作の続篇」という安易かつ絶対にやってはいけない手段に手を出してし…

「生命の起源」から、自分を見つめ直すジュブナイル【海獣の子供】感想

87点 2006年から2011年にかけて「月刊IKKI」にて連載されていた五十嵐大介先生原作の漫画を劇場アニメ化した作品。私は、原作については、存在は知っていたけど読んではいなかったのですが、スタジオ4℃作品なので鑑賞しました。 実は、私が本作を…

2019年冬アニメ感想⑧【どろろ】

私が原作と出会ったのは、小学校低学年の頃でした。当時の私は、親がよくやる「自分の好きなものを子供に見せる」という教育の一環で手塚治虫原作の「鉄腕アトム」「ブラックジャック」を読んだばかりでした。私は「アトム」にはそこまでハマれなかったので…

2019年春アニメ感想②【ぼくたちは勉強ができない】

現在、週刊少年ジャンプにて連載中のラブコメ漫画。タイトルには「ぼくたち」が入っていますが、本作で勉強ができないのはヒロイン達なので、正確には「わたしたち」なんじゃないかと余計なことを考えますが、まぁそんなことはどうでもいいか。原作が人気な…

「違い」こそ最大の長所【ダンボ(1941年)】感想

77点 3月に公開された、ティム・バートン版『ダンボ』の予習の意味で鑑賞。実写版のほうは結局観なかったのですが、かといって本作を観たことが無駄になったかといえばそんなことはなく、名作とされているだけあってとてもいい作品でしたし、70年以上前…

2019年春アニメ感想①【さらざんまい】

「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」など、独特すぎる作品で知られる幾原邦彦。本作は、2015年に放送された「ユリ熊嵐」から4年振りとなる彼の最新作です。彼の作品はとりあえず見ますし、「少女革命ウテナ」と「輪るピングドラム」は好きなので視…

まっすぐな思いが、人々をつなぐ【バジュランギおじさんと、小さな迷子】感想

75点 観たのは2月の始め。それなのに何故感想を書くのがこんなに遅くなってしまったのかというと、あまり言葉が出てこなかったから。これは感動したというよりも、本作があまりにも「いい話」であり、「良かったね」以外の感想がなかなか出てこなかったの…

前作をさらにスケールアップさせた2作目【ジョン・ウィック:チャプター2】感想

88点 キアヌ・リーヴスが素晴らしいガン・フーアクションを見せ、ロシアンマフィアを壊滅させた快作『ジョン・ウィック』の続編。10月に3作目となる『ジョン・ウィック パラベラム』の公開が控えていることもあり、遂に鑑賞しました。 鑑賞してみると、…

1人の男の罪と罰【ペパーミント・キャンディー】感想

97点 現在、『バーニング 劇場版』が公開中のイ・チャンドン監督の作品。私は存在は前から知っていて、観たいと思っていました。しかし、あいにくソフトは現在絶版でAmazonでは値段が高騰しておりとても手が出せず、しかも近場レンタル店では取り扱ってな…

ある意味で湯浅監督の到達点【きみと、波にのれたら】感想

87点 昨年、アヌシー国際アニメーション映画祭において、宮崎駿、高畑勲以来、日本人監督として最高賞であるクリスタル賞を獲得した鬼才、湯浅政明。興行的な成功はまだありませんが、制作本数、そして各国の評価に関していえば、アニメーション監督として…

1人の女性の、人生のはじまり【旅のおわり 世界のはじまり】感想

88点 日本人監督として、おそらく世界で最も評価されている監督の1人、黒沢清。これまでホラー、サスペンス、SF、ヒューマン・ドラマなど、実に多彩な作品を作り続けてきた彼が次に放ったのは、ウズベキスタンで自分探しをする女性の話でした。私は黒沢作…

2019年夏アニメ視聴予定作品一覧

7月1日 【かつて神だった獣たちへ】 7月アニメ『かつて神だった獣たちへ』最新PV到着! 作品紹介的にはあまり興味は惹かれなかったものの、制作がMAPPAなので見ます。 7月3日 【ダンベル何キロ持てる?】 『ダンベル何キロ持てる?』番宣CM 女子高生が筋…

人類への希望に満ちた作品【インターステラー】感想 ※ネタバレあり

93点 クリストファー・ノーラン監督が2014年に放った、SF超大作。公開されてからというもの多くの観客の心を鷲掴みにし、オールタイムベストに入れている人も少なくない作品です。そんな作品なのですが、私は全く観たことがなく、ここまで来てしまいま…

「非凡さ」を手に入れようとした末路【アメリカン・アニマルズ】感想

89点 2004年、ケンタッキー州トランシルヴァニア大学で起こった時価1200万ドルの画集窃盗事件を題材にした作品。私は新宿武蔵野館で『THE GUILTY/ギルティ』を観た時に予告を観て存在を知りました。ただ、最初はそこまで見るつもりはなく、スルー…

「男を手玉に取る女」峰不二子【LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘】感想

78点 『峰不二子という女』より続く『LUPIN THE ⅢRD』シリーズ最新作。今回焦点が当たるのは、ルパンファミリーの紅一点、峰不二子。正直、不二子に焦点を当てた作品なら、同じくアダルト路線を追求した「峰不二子という女」というTVシリーズがあるため、…

好きという気持ちは「普通」である【カランコエの花】感想

94点 昨年一部で話題になった、LGBTを扱った作品。私の周りでも本作を強烈に推してくる人間がいたので、DVDがレンタルされたこのタイミングで鑑賞してみました。 確かに素晴らしい作品でした。上映時間は39分と短いのですが、中身は濃密。LGBTを扱った作…

究極の『ゴジラ』ファンムービー【ゴジラ キング・オブ・モンスターズ】感想

80点 2014年に公開された『GODZILLA』の続篇にして、そこから始まったモンスター・バースの最新作。本作はゴジラと同じく東宝を代表する怪獣であるモスラ、ラドンが参戦し、ゴジラは最大の宿敵、キングギドラと対峙します。つまり『三大怪獣 地球最大…

複数のジャンルを含んだ海洋アクション映画【ジョーズ】感想

スティーブン・スピルバーグが生み出した傑作サメ映画。上映当時はあまりにショッキングな内容だったため、本来なら「顎」の意味である「JAWS」がサメの代名詞になってしまったり、モデルのホオジロザメそのもののイメージすら塗り替えてしまいました。そん…

無名が可愛すぎて最高です。本当にありがとうございました【甲鉄城のカバネリ 海門決戦】感想

72点 2016年にノイタミナ枠で放送されたオリジナルアニメーション「甲鉄城のカバネリ」の劇場版。監督は荒木哲郎、制作会社はWIT STUDIOと、「進撃の巨人」のスタッフが揃っています。放送当時は「進撃の巨人」のノウハウをそのまま注ぎ込んだダイナミ…

これが、完全燃焼アニメーションだ【プロメア】感想

89点 『天元突破グレンラガン』『キルラキル』を生み出した今石洋之×中島かずき×TRIGGERの最新作。私は上記の2作品は好きで、制作会社のTRIGGERについても、毎クール作品が放送されていればチェックするくらいにはファンです。そんなスタッフが再結集する…

戦争モノ×ゾンビが生んだ悪魔合体作品【オーヴァーロード】感想

78点 実は私、本作に関しては油断してました。映画秘宝を読んで存在は知っていたのですが、公開日までは気を払っていなかったため、公開初週に観る時間があったにも関わらず、鑑賞しなかったのです。なので、2週目で慌てて鑑賞しました。 戦争ものとゾン…

2019年冬アニメ感想⑦【ケムリクサ】

2017年に「けものフレンズ」を発表し、彗星のごとく現れたアニメーション監督、たつき。「けものフレンズ2」を降板させられた彼が次に放った作品が、本作です。始まる前はよく分からない内容でしたが、あのたつき監督が制作するわけですから、見ないわ…

王道は外しながらも、まっとうな青春映画【劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~】感想

80点 武田綾乃先生による同名小説のアニメ化作品。TVアニメは2015年から放送され、現在2シーズンを数えています。映画はこのTVシリーズをまとめた総集編が2本と、外伝作品『リズと青い鳥』が1本あります。私は何だかんだで総集編以外は観ているので…

『ゴジラ』の精神を受け継いだハリウッド版【GODZILLA(2014年)】感想

77点 2014年に公開されたハリウッド版ゴジラ。今年の5月末にハリウッド版『三大怪獣 地球最大の決戦』と言える『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開されるので、復習の意味で鑑賞しました。 ハリウッド版『GODZILLA』と言えば、エメリッヒが…

「異常なこと」を普通に描くことの怖さ【ザ・バニシング-消失-】感想 ※ネタバレあり

87点 1988年に制作されながらも、30年近く劇場公開されなかったという伝説の作品。私も本作の存在を知ったのは最近で、いくらキューブリックが「史上最も恐ろしい」と言っていたとしても、正直言って最初は観る気がありませんでした。しかし、NHKラ…

ヒーローのオリジンとして、家族の物語として素晴らしい【シャザム!】感想

82点 『アクアマン』で興行的にも批評的にも大成功を収め、一気に信頼を回復した感があるDC映画。次に放ったのは、「見た目は大人!中身は子ども!」という、日本の国民的名探偵を彷彿とさせる奇抜なヒーロー、シャザムでした。予告を観る限りはすこぶる愉…

2019年冬アニメ感想⑥【臨死!江古田ちゃん】

「2019年冬アニメ視聴予定作品一覧」に載っていなかったことからわかるとおり、本作は最初は見るつもりはありませんでした。では何故見ようと思ったのかというと、例によってアトロクの「今期注目アニメ」で取り上げられていたから。1つのアニメ作品の…

「権力」の恐ろしさ【バイス】感想

93点 2001年の9.11テロ当時、ブッシュ政権において副大統領を務めた男、ディック・チェイニーを取り上げた評伝映画。過去、様々な評伝映画が制作されましたが、それらはどれも大統領や、名は成さなかったにしても知名度はある人物のものでした。し…

2019年冬アニメ感想⑤【荒野のコトブキ飛行隊】

水島努監督の最新作。正直、『ガルパン』の最終章もある中で、TVシリーズなどやっていていいのだろうかと思ってしまいますが、新作を作るとなれば仕方がない。監督の作品はとりあえず見るようにしているので、視聴しました。 見始める前は、組み合わせから、…